レーザー脱毛は医療行為です

レーザー脱毛は効果が高い分、扱いには医師免許が必要です。

レーザー脱毛は医療行為です



冬から、春の装いに代わり、肌をだす機会も増えてきました。そこで、無駄毛について気になる情報をまとめてみました。

女性にとって無駄毛処理は悩みの一つです。カミソリや毛抜きで気になる部位を毎日処理しているにも関わらず一向に無駄毛は治まらず毎日伸びてきます。

さらに厄介なことに、カミソリ負けで肌は赤くヒリヒリして肌のトラブルに悩まされます。では無駄毛の効率のいい処理の仕方はどんな方法がいいのでしょうか?

無駄毛を処理する方法で一番効果的なのがレーザー脱毛です!!
レーザー脱毛は「毛」を作り出している「毛砲」と呼ばれている組織を破壊する
ことでiライン脱毛を効果的に行う事が出来ます。

レーザー脱毛はそもそも医療レーザーといわれています。これは身体の組織を少なからず、破壊するという意味では医療行為に当たります。
このレーザー脱毛の歴史はまだ浅く、米国で1999年にレーザー脱毛機の一部がFDAに
認可されたものです。

レーザー脱毛にはアラキサンドライトレーザー・ダイオードレーザーが使われています。

これらのレーダーを脱毛したい皮膚に放出すると毛根のメラニンに反応して
熱エネルギーに変化します。

その熱エネルギーが毛根の発毛組織を破壊してしまったら、毛も自然と抜けて
しまう仕組みになっています。この方法がうまくいくと永久脱毛の効果が期待
できるのです。

また、レーザーがその他の組織に放出されてもレーザー光は組織に吸収されない
ので熱エネルギーに代わることが無く消散していきます。レーザーによる脱毛方法は、
他の電気針脱毛と比較すると脱毛処理の時間も短いので細菌に感染する恐れも少ないです。

しかし、ここで気をつけなければいけないことは、レーザー処理に適さない体毛の種類や部位などがあります。また、レーザーの強さや使用方法を間違うと、局部のやけどや組織まで届かなくて脱毛に失敗したり、色素沈着の原因になってしまうのです。

レーザー脱毛ほどの威力はありませんが、最近若い子を中心に人気を集めている
のが脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛です。フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も、
脱毛の仕組みは同じですが、光の種類や光の特徴、出力の大きさなどにちがいが
あります。

レーザーに比べて出力が若干低いので、脱毛効果もその分落ちてしまいますが、
フラッシュ脱毛の特性から施術時間がスピーディで痛みが少ないというメリットが
人気の理由のようです。

先にも述べましたがレーザー脱毛は、医師もしくは医師の管理下でないと違法行為
になりますので、脱毛サロンではレーザー脱毛が受けられません。
レーザー脱毛を受けたい場合は、ちゃんとした医療機関を選択してください。
千葉大学医学部附属病院

結婚式の前の脱毛はいつから始めればいい?

脱毛を決意するタイミングは人によって違うものの、結構式が大きなきっかけだったという方も多いようです。結婚式にはすてきなウエディングドレスを着て出席するわけですが、その時にムダ毛が気になる状態だとどうしても思う存分式を楽しむことができません。

そこで、結婚式までにつるスベの素肌を手に入れるためにはどういったことに注意していけばいいのかについてご紹介しましょう。 特に注意しなければならないのが脱毛を始める時期に関することです。

結婚式の前に一度脱毛に行けば良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、一般的なレーザー脱毛や光脱毛は何度か通うことによって効果が出てくるものなので、一度だけ施術を受ければいいというわけではありません。

一般的には脱毛が完了するまでには1年ほどの時間がかかると言われているので、結婚式が近づいてから考えるのではなく、できるだけ早めに検討しておきましょう。

ですが、中にはもうすぐに結婚式の日程が近づいているという方もいますよね。 そういった場合には即効性のある脱毛方法を取り入れてみるのも良いでしょう。

例えば、ワックス脱毛といった方法があります。昔から、罰ゲームなどでムダ毛にガムテープを貼り、それを一気に引きはがすというものがありますよね。 あれと同じような原理だと思って良いでしょう。

ムダ毛が気になる部分にワックスを塗り、乾いて固まってから一気に引きはがす方法です。ただ、こちらはあくまで一時的にムダ毛がない状態を作る方法であるため、正式には脱毛とは言えません。

つるスベの素肌が保てる期間も短いので、時間に余裕があるのならば、クリニックやエステサロンなどを利用した脱毛を検討してみると良いですね。

そこで注意しなければならないのが、基本的にはどのサロンでも妊娠中や妊娠後すぐには施術が受けられないということ。 これは、妊娠中や妊娠直後はそれ以外の時期に比べてホルモンバランスが乱れているためです。

また、肌の状態によっても脱毛が選択できない場合もあるので、気になっているサロンで直接相談をしてみましょう。